大阪市視覚障害者福祉協会

大視協ジャーナル

◆暮らしの豆知識◆

「災害に遭ったときの口腔ケア」

 断水や避難生活で水が十分に使えない状況では、健康の悪化も懸念されますが、そんな中で後回しになりがちなのが歯磨きなどの口腔ケアです。災害時の口腔ケアは命を守るための総合的なケアの一つと言われています。

 災害関連死の死因で上位となる「肺炎」を引き起こす要因の一つに、「口内細菌の増加」があります。歯を磨かないままだと、口に残った食べかすを餌に細菌が繁殖し、菌の塊が誤嚥(ごえん)により少しずつ気管から肺に入り、肺炎を引き起こすことにつながります。

 また、タンパク質の不足からくる低栄養や、運動不足も加わって免疫力が低下するため、肺炎になるリスクが高まると言われています。

 つまり、口内を清潔に保つことが、命を守ることにつながるのです。

 非常時で水が不足したり、十分に水があっても周囲への遠慮から使いづらいという場合、

  • 1.コップに大さじ2杯程度の水を入れ、歯ブラシを浸してから歯を磨いたら、ブラシの汚れをティッシュで拭い、また磨く…。これを繰り返して、最後にコップの水を数度に分けて口に含むという節水型の歯磨き法。
  • 2.歯ブラシが使えない場合は、布やティッシュを指に巻き、歯の表面の汚れを拭う。
  • 3.口内の乾燥は細菌の繁殖を招くため、災害発生後は脱水に加えて、ストレスが高まり、唾液の分泌量が減ってしまうことから、細菌の繁殖を抑えるためには、こまめな水分補給やうがいを心がける。
  • 4.洗口液や液体ハミガキの使用も口内にそれらの薬効がとどまり、口内の細菌を減らす効果がある。

 いずれにしても口腔ケアを怠ると、歯周病が悪化することもあり、歯周病は糖尿病の血糖コントロールを悪化させることでも知られています。普段から、口内を清潔に保つように心がけましょう。

今月の目次へ  大視協ジャーナル一覧へ  トップページへ