大阪市視覚障害者福祉協会

大視協ジャーナル

◆大視協時報◆

「あん摩師等法19条を守る決起集会の報告」

 あん摩師等法19条連絡会主催、近畿19条問題対策協議会主管による「あん摩師等法19条を守る決起集会大阪大会」が11月11日(日)、「大阪市立西区民センター」にて開催された。

 集会には約150名が参集。最初に近畿19条問題対策協議会の辰巳寿啓(たつみ としひろ)代表(奈良県視覚障害者福祉協会会長)から大会の挨拶が行われ、続いて19条連絡会竹下義樹(たけした よしき)会長(日本盲人会連合会長)の応援メッセージが流された。

 その後、岡田康平(おかだ こうへい)弁護士によるこれまでの裁判の経過と基調報告が行われた。

 次に日盲連、日本あん摩マッサージ指圧師会、日本理療科教員連盟、全日本視覚障害者協議会の各代表からあん摩師等法19条を守る決意表明がなされた。

 最後に、視覚障がい者のあん摩マッサージ指圧師を通した社会参加と経済的自立を確保するためのアピールが参加者全員の拍手により採択され閉会した。

(点字JBニュースより)

今月の目次へ  大視協ジャーナル一覧へ  トップページへ