「網膜色素変性症・医療講演会のご案内」

 

 日本網膜色素変性症協会(JRPS)大阪支部では、未だに治療法が確立されていない眼の難病「網膜色素変性症(RP)」に関する最先端の研究について、下記の要領で医療講演会「この目に確かな治療法を! 網膜色素変性症の最先端研究〜網膜再生と人工網膜〜」を開催いたします。
 つきましては、患者・家族の皆様をはじめ、医療・福祉関係者や一般の皆様にも多数ご参加いただきたくご案内申し上げます。
  日 時:6月7日(日) 受付午後0時15分 午後1時〜4時
  場 所:市立天王寺区民センター1階ホール
  交 通:地下鉄谷町線『四天王寺前夕陽ヶ丘』駅2号出口 北へ100m
  参加協力金:JRPS会員無料 一般500円(ともに介助者1名無料)
          ※申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
  プログラム
   講演1:「iPS由来細胞を用いた網膜の再生医療」
       講師:理化学研究所 多細胞システム形成研究センター
          網膜再生医療研究開発プロジェクト 副プロジェクトリーダー
          万代道子(まんだい みちこ)先生
   講演2:「人工網膜の現状」
       講師:大阪大学大学院医学系研究科・教授
           不二門 尚(ふじかど たかし)先生
  問い合せ先:JRPS大阪支部事務局 松本
          :電話090−7343−8980

 
 今月の目次へ   大視協ジャーナル一覧へ   トップページへ