◆事業案内◆

 

 ☆以下の事業はどなたでも参加できます。定員のある場合はすべて抽選と なります。参加費は、必ず開催日1週間前までに本会事務所へ。
 また、開催日1週間前以後の返金はできかねますのでご了承ください。
 抽選の結果については、当選者に電話でお知らせします。
 申し込み・お問い合わせは電話6765−5600まで。

 

◆「展示会&講演会 〜東日本大震災の被災者による講演と保存食アラカルト」◆

 

 あの東日本大震災から4度目の夏がやってきましたが、復興までにはまだまだ 程遠いようです。
 当日は岩手県で被災された熊谷ご夫妻と、社会福祉法人岩手県視覚障害者 福祉協会の及川清隆(おいかわ きよたか)会長から当時のことをお聞きし、 ラジオ大阪アナウンサーの原田年晴(はらだ としはる)氏のコーディネートで、 震災に遭ったときの心構えについて学びたいと思います。保存食の試食も 企画中ですので、多数のお申し込みをお待ちしております。
 また、同時に別室で高齢者や視覚障がい者が使いやすい音声対応の機器を、 実際に触りながら、ゆっくり説明を聞いていただける展示会も開催します。
 今回は、災害に備え「非常持ち出しグッズ」や「非常食」の展示、 夜間の歩行の助けになる「光る点字ブロック・フラッシュドット」も展示しています。
 この機会に、ぜひ、いろいろな音声機器を体感されませんか! 新しい発見も あって楽しいですよ! また、来場された皆様がゆっくり交流できるように 「おしゃべりコーナー」も設けます。
 どなたでも参加できますので、皆様お誘い合わせの上、ご都合の良い時間に、 ぜひ、お出かけください。
  日時:8月9日(土)
  場所:ホテルアウィーナ大阪3階
大阪市天王寺区石ケ辻町19−12
  交通:地下鉄谷町線・千日前線『谷町9丁目』駅から徒歩約8分
(1)講演会
 開催時間:午前9時30分受付、10時〜午後2時(予定)
 開催場所:3階 葛城の間
 テーマ:もし震災がやってきたら、私たちは?視覚障がい者の避難体験に学ぶ
 講師:熊谷賢一氏(全盲) 熊谷あい子氏
  アドバイザー:杉原利典(すぎはら としのり)氏
         (大阪市危機管理室 防災アドバイザー)
  司会:原田年晴氏(ラジオ大阪アナウンサー)
  参加費:無料
  定員:100名
  申し込み:7月18日〜30日
 ☆講演会参加者の方は、休憩時間と講演会終了後に展示会も ご覧いただけますので、お時間のある方は、ぜひ、この機会に 展示会もお申し込みください。
 (2)展示会
  開催時間:午前10時30分〜午後4時(予定)
  開催場所:3階 信貴の間
  参加費:無料
  申し込み:7月18日〜30日
  主な出展企業と製品(予定)
1.アイネット株式会社:読み上げ拡大読書器「よみあげ名人」
2.池野通建株式会社:視覚障害者誘導システム「シグナルエイド」
3.株式会社アステム:テレビが聞けるラジオ
4.株式会社タイムズコーポレーション:携帯型拡大読書器他
5.株式会社タナベ:光る点字ブロック・フラッシュドット
6.錦城護謨株式会社:視覚障がい者歩行誘導ソフトマット「歩導くん」
7.篠原電機株式会社:高齢者・視覚障がい者用LED付音響装置
8.ダイキン工業株式会社:エアコン「ラクエア」かんたん見守リモコン
9.パナソニック株式会社:液晶テレビ・ブルーレイディスクレコーダー、 ICレコーダー
10.三菱電機株式会社:液晶テレビ、ジャー炊飯器
11.NTTやドコモによる「災害用伝言板」の体験会も企画中です。

 今月の目次へ   大視協ジャーナル一覧へ   トップページへ