大阪市視覚障害者福祉協会

事業予定

「『大阪駅界隈の散策とバリアフリー度チェック』に参加しませんか」

 今年度の第1回交通・弱視者対策事業を開催いたします。

 『大阪』駅や『梅田』駅界隈は、「ややこしくて苦手」「到底一人でなんか歩けない」という声をよく聞きます。それは、人が多く、特に地下街が複雑な上に、絶えず行われている工事のために通路がしょっちゅう変わっているからかもしれませんね。でも一番大きいのは、じっくり歩いて確認する時間と機会がないからではないでしょうか。

 という訳で、今回は次の三つのコースを選び、バリアフリー度チェックをしてみることにしました。

 コース1:JRを中心として阪急・阪神・メトロの各駅間の乗り換えが安全にできるかを点字ブロックの敷設状況を中心に確かめる。その他、券売機・みどりの窓口・トイレなどの場所も調べる。

 コース2:グランフロント大阪、主に2階と地下1階のエレベーターやトイレの場所を確認し、視覚障がい者にとってわかりやすい表示かどうかや、点字ブロックの敷設状況を調べる。併せて、主なテナントについても確認する。

 コース3:阪急・大丸・阪神各デパートについて、インフォメーションコーナーがわかりやすい所にあるかどうかと、買い物補助員がいるかどうかを確認する。また、デパ地下にある「お勧めの店」を見つける。

みなさんの積極的なご参加をお待ちしています。

日時:
7月15日(水)午前10時~午後3時
集合時間と場所:
午前10時 JR『大阪』駅3階連絡橋改札口の外
定員:
15組(ガイドヘルパーとともにお願いします)
参加費:
無料
内容1:
3コースに分かれてバリアフリー度チェック(2時間程度)
※昼食は各グループで適宜取ることにします。
午後の集合時間と場所:
午後1時30分 JR『大阪』駅3階連絡橋改札口の外
内容2:
大阪駅第2ビル5階の大阪市立生涯学習センター第3研修室で、各グループの調査・確認した内容の報告会
申し込み:
5月22日(金)~29日(金)

 ※当日、いくつかの資料をお配りしますので、A:点字、B:墨字、C:点字と墨字、D:どちらもいらない、いずれかを参加したいコースとともに申し込みの際にお伝えください。

事業予定へ トップページ