大阪市視覚障害者福祉協会

事業予定

「IT講演会『視覚障がい者のためのナビゲーションロボットの開発の現状と可能性』のご案内」

 現在日本国内には1000頭近くの盲導犬が稼働していると言われていますが、その約3倍もの視覚障がい者が盲導犬の利用を希望していると推定されており、需要を満たしているとは言えないのが現状です。

 一方、介護や福祉の現場では、人工知能やセンサーを駆使して、人間の生活を支援する存在として、期待され注目されているのが、「ロボット」の活用です。

 そして、この十数年、動物である盲導犬に代えてロボットがその役割を果たすことができないのか、実用化に向け意欲的な試みが進められているのが「視覚障がい者のためのナビゲーションロボット」(盲導犬ロボット)の開発です。

 そこで、今年度のIT講演会は、ナビゲーションロボット開発の第一人者であります大阪工業大学情報科学部教授・佐野睦夫(さの むつお)先生をお招きして、現在開発が進められている視覚障がい者のための、「ウェアラブルなナビゲーションロボット」の開発の現状とこれからの可能性についておおいに語っていただきます。

 午後からは、開発中の試作機を皆さんに体験していただく予定です。

 皆さんのご参加お待ちしております。

日時:
3月3日(土) 午前10時受付 10時30分~12時
場所:
ホテルアウィーナ大阪3階 葛城の間(西)
大阪市天王寺区石ケ辻町19-12
地下鉄谷町線・千日前線『谷町九丁目』駅から徒歩約8分
講師:
佐野睦夫先生(大阪工業大学情報科学部教授)
参加費:
無料
定員:
60名
申し込み:
1月25日~31日

事業予定へ トップページ