大阪市視覚障害者福祉協会

事業予定

「視覚障がい者のための天文学入門&科学館見学へのお誘い」

 みなさんはビッグバンってご存じですか?光をも飲み込んでしまうというブラックホールって想像つきますか?

 講演で理解を深めた後は、積極的に手でさわって宇宙を実感してください。太陽系の惑星の大きさの違いやそれぞれの星での重力の違いも体験できます。実物の隕石にも触れることができます。

 講師の嶺重 慎(みねしげ しん)先生は、ここ10年ほど前から「バリアフリー天文学」を標榜されており幼児期から成人に至るまで幅広い世代を対象として執筆活動やワークショップなどを実践されてきています。専門は「ブラックホール」で、この分野では日本を代表する天文学者です。

 超一流の先生の講演に耳を傾け、プラネタリウムの解説を聞きながら、あなたもこのひととき、宇宙に思いをはせてみませんか。

 なお、プラネタリウム鑑賞は希望者のみとしますので、申し込みの際にその旨をお伝えください。

日時:
2月29日(土)
集合場所:
午後1時10分、四つ橋線『肥後橋』駅北改札口、
または、1時30分、大阪市立科学館西側休憩所
(地下1階入り口)
会場:
大阪市立科学館
(大阪市北区中之島4-2-1)
交通:
直接お越しの方は、大阪メトロ四つ橋線『肥後橋』駅3号出口から西へ約500m
(3号出口を出て、アパホテルに沿う方向に直進し
「土佐堀1東」交差点を右折して筑前橋を渡ると左側にあります)
内容:
講演とワークショップ「ビッグバンからブラックホールまで~宇宙の謎に迫る~視覚障がい者のための天文学入門」
&科学館見学「聞いて触れる宇宙」
講師:
嶺重 慎氏(京都大学教授)
定員:
80名
参加費:
無料
申し込み:
1月20日(月)~28日(火)
共催:
大阪市立科学館
主な日程:
2時~3時15分:講演とワークショップ
(場所:地下1階研修室、講師:嶺重氏)
3時15分~3時30分:休憩、その後、
エレベーターで4階まで移動
3時30分~4時30分:4階展示室で触察体験
(ボランティアのサイエンスガイドがいれば、説明も受けられます)
4時30分~4時45分:再集合、トイレ休憩、
プラネタリウムへ移動
5時~5時45分:プラネタリウム鑑賞
(解説は石坂氏:大阪市立科学館主任学芸員・理学博士)
6時:解散

事業予定へ トップページ