大阪市視覚障害者福祉協会

事業予定

「講演『音楽と私』」

 全盲の歌手・福本 淳(ふくもと きよし)さんを講師にお迎えして、「音楽と私」と題して講演をしていただきます。

 福本さんは、11歳から習ったピアノを活かし、現在、シンガーソングライターとしてご活躍中です。また、オリジナルCDをリリース、ネットの動画サイトのYouTube(ユーチューブ)にも動画を配信し、精力的に活動されています。

 また、昨年出版された著書『盲目魂(だましい)!生きててみえたもの』は、サピエにもアップされています。「やってやれないことはない」。人に宿る潜在力を信じて生きてきた盲目のイクメン・シンガーソングライターの体験談を聞きながら、生の音楽に触れてみませんか?

サピエとは、目が見えない・見えにくい人々のための情報ネットワークで、全視情協:全国視覚障害者情報提供施設協会が運営しています。

なお、この「音楽と私」は、大阪市教育委員会からの受託事業で成人学校講座として開催されます。

日時:
5月18日(火) 午後1時30分~3時30分(予定)
場所:
長居障がい者スポーツセンター 第2・第3会議室
講師:
福本 淳氏
(「福本ヒーリングスタジオ」主宰)
参加費:
無料
定員:
48名
申し込み:
4月16日(金)~23日(金)
*3月現在、ソーシャルディスタンスの都合により1室24名(2室で48名)の定員とされています。

〈福本氏プロフィール〉

 京都府舞鶴市生まれ。先天性視覚障がいのため、幼少期を弱視で過ごす。大学在学中に失明する。ピアノを11歳から学び、15歳で盲学校寄宿舎を出て自炊生活を始める。失明後、ピアノの弾き語りでボランティア活動を始める。24歳の時、障がいのある方々を音楽で支援する活動を目指して「福本ヒーリングスタジオ」(大阪市東住吉区)を開設。ドラム・ピアノ・ボーカルなどのレッスンや、定期発表会を実施。

女性コーラスの指導や、福祉施設の音楽講師も行う。また、演奏家として自主企画コンサートの開催や、学校・各種団体等のイベントでピアノ弾き語りや、バンドのコンサートを行う。

 オリジナル曲を収録したCDを4作品リリース。体験や音楽への思いを書いた著書「盲目魂(だましい)!生きててみえたもの」を、昨年出版している。

事業予定へ トップページ