大阪市視覚障害者福祉協会

事業予定

「『木管楽器(木製リコーダー)の製作とその歴史』のお誘い」

 文化事業の一環として、表題の講演会を開催します。

 誰もが、小学生のころに、身近な楽器として親しんだ「縦笛」(プラスチック製リコーダー)は、なつかしい記憶として覚えているでしょう。そのリコーダーのルーツは中世ヨーロッパのバロック音楽にあります。

 フルートはリコーダーの別名でもあり、風の音楽とも呼ばれています。そのあたりから、現代の名工として、NHKで紹介された竹山宏之(たけやま ひろゆき)氏に、木管楽器の製作とその歴史について、ひもといてもらいます。

 休憩時間を活かして、木管楽器の体験や製作過程の材料にも触れてみましょう。

そして、第2部の演奏会において、木管楽器の温かみのある音色を聞いて、感じてください。多くの方々のご参加をお待ちしております。

日時:
11月22日(木) 午後0時30分受付 1時開演
場所:
ホテルアウィーナ大阪 3階葛城の間
交通:
近鉄線『大阪上本町』駅下車、大阪メトロ谷町線・千日前線『谷町九丁目』駅下車、徒歩約8分
参加費:
無料
定員:
100名
申し込み:
10月18日~24日

<スケジュール>

開演
午後1時
第1部 講演会 1時15分~2時
講師:竹山宏之氏(竹山木管楽器製作所 代表者)
演題:木管楽器(木製リコーダー)の製作とその歴史
休憩
2時~2時15分
第2部 木管リコーダー演奏会 2時15分~3時
演奏者:リコーダーデュオ「シャンテ」
演目:ファンタジア、カノン等
終演
3時予定

事業予定へ トップページ